社会人になってから彼女を作る方法

最新情報

世界一、簡単に彼女を作る秘策とは?

「彼女が出来ない」と言っている人の多くは、まず出来るための努力をしていないと思います。
恋人のいない女性のいるところに行かないと彼女なんてできません。


もちろん恋人がいても、略奪愛ということもありますが、
ただ、実際には、それは非常に難しいと言えると思います。


そして、逆に、「恋愛はタイミング」などと、悠長に構えているから、
可愛い彼女は、皆、他の人に取られていくのです。


だから、まずは、積極的に、行動することです。
ただ、だからと言って、いきなり告白したり、デートに誘っても、
なかなかうまくいきません。


いきなりうまくいくのは、イケメンの人だけです。
外見が良ければ、第一印象は良いですね。
私たち、男性が、かわいい女性と付き合いたいと思うのと同様に
女性だって、「どうせならイケメンが良い」と思っている人は多いのです。


さて、イケメンでない人が、女性に好意を持ってもらうには、どうすればよいのでしょうか?

 

ここからが大切なポイントですが、
「笑わせること」
です。


これは、ビジネスでも応用が利くことですが、人は笑うことで、相手に対して警戒心を解くのです。
もちろん、愛想笑いではなく、心からの笑いが必要になります。
なので、その人なりの「大笑い」を引き出すことが大切だと思います。


もちろん、人前で「大笑い」しない人はいますので、その人なりでOKです。


実は、人を笑わせるって、そんなに難しいことではありません。
特に「自分を落とす」テクニックは、簡単に笑わせることが出来るものです。
「あるあるネタ」なども良いでしょう。


私「こんな失敗しちゃったんです」
彼女「あ~、それあるある!」って感じですね。


もちろん、会話慣れしてない人は、これも難しいと思うので、
普段から、とにかく笑わせることを意識してみてください。
別に滑っても良いんです。
芸人じゃないんですから、100%当てる必要なんてありません。
滑っても良いので、笑わせましょう。


ただし、厳禁なことがあります。
いわゆる親父ギャグのような、「ネタ」はあまりしないほうが良いです。
ネタになると、やっぱり「笑ってあげないと駄目かな?」って相手に気を使わせますし、
下手をすると、「寒い」と思われてしまいます。


あくまでも、「雑談」です。


自分を落とすのが苦手な人は、まったく関係ない第三者ネタでもOKです。
ただし、いけないのは、お互いの知り合いは、あまりネタにしてはいけません。
嫌な思いをする人がいるからです。


例えば、私が所属する趣味のサークルには、少し変わった人がいて、
結構話題になります。
「だから、あの人は彼女が出来ないんだ」とか。


でも、それって、聞いてるこっちは、良い気がしません。
だって、同じ仲間だから。


どこのだれか知らない人だから、笑えるんです。
また、滑っても、滑ったことさえわかりません。
ネタじゃないから。


むしろ、自分が先に笑ってしまっても、問題ないような話題が良いでしょうね。


一例をあげると、
「野球の練習でボールをとろうとしたら、うっかりグローブを踏んじゃって、
すっごく、大きく転んでしまって、皆に笑われちゃった」とかですね。


いわゆる普通の雑談なので、「へー」で終わってしまっても、滑った感じは無いですよね。
次を話し始めればよいんです。


逆に、笑ってくれれば、それで少し距離が縮まったことになりますし、
また、相手の笑いのツボや、好きなことがわかります。


相手の反応が鈍いと、違う話題を考えれば良いんです。
誰でも、笑うと気分が良くなります。
だから、ちゃんと笑わせてあげてください。


好きになるというのは、いきなりloveは難しいです。
まずは、likeを目指しましょう。


ただし、注意点としては、あまり最初からひどく自分を落としすぎて、
イメージダウンになることは避けてくださいね。


例えば、「部屋の中は足の踏み場の無いぐらい汚くて」などと言っちゃうと、
潔癖症気味の人なら、そこで引いてしまいます。


雑談の中で、小さな笑いを入れて、それを大笑いに持っていくイメージです。
最初から大笑いを狙わないようにしてください。

カテゴリー:恋愛基礎知識

女性は、頭ポンポンに弱いというのはホント?

よく女性は、頭をポンポンとされると嬉しいと言いますよね。
芸能人だと、麻木久仁子さんなど、よく言っておられますし、
周りでも聞くんじゃないでしょうか?


実際、科学的な根拠もあるようで
動物は体毛を撫でられると快感を得るそうなのです。
つまり、女性は頭をなでられたり、ポンポンとされることで快感なんですね。
だから、女性を落とすテクニックとしても、用いられることがあります。


しかし、ここで注意点があります。
それは、相手の女性が自分に対して警戒心を持っていないことが大切です。


通常、女性の方が「私、頭ポンポンに弱いんです。」などという場合は、
これは、「好きな人の場合」という前提条件があり、
口に出して言う場合は、その人がタイプだということです。


ですから、どこかで聞いた恋愛テクニックとして、いきなり頭ポンポンすると、
相手があなたに警戒している場合は、逆効果になってしまいます。


快感なことというのは、逆に警戒心が働くと嫌悪感に繋がります。
ですから、決して頭ポンポンは、「惚れ薬」のような効果が得られるものではないのです。


もちろん、まったく惚れ薬的な効果がないわけじゃありません。
相手が警戒心さえ持っていなければ、頭ポンポンは、やはり快感に繋がります。
つまり、「あなたといることが快感」と勘違いさせることも可能ですし、
また、意識的にも、相手があなたの心理を考えます。
「あれ、何で頭を触ってきたんだろう?もしかして、私のこと好きなのかな?」と。


だから、このテクニックを使うときは、警戒心が無くなるまで仲良くなることが必要なんです。

 

実は、頭ポンポンと同じような効果として、肩を抱くという行為もあります。
これもスキンシップですから、やはり女性は快感と感じるのです。
でも、同じように警戒心があると、逆に嫌悪感に繋がります。


また、頭ポンポンに比べて、好意の意思表示をしたことになってしまいますので、
自然にできるという点では、頭ポンポンが良いということです。


友達関係から恋愛に発展させたい場合は、
冗談のふりをして、頭ポンポンの回数を増やすと良いでしょう。
ただし、あくまで自然にやってくださいね。


さて、ここで気になるのが、「じゃあ、男性は?」って思いませんか?
体毛を撫でられるのが快感なら男性だって同じはず。
実は、同じです。


しかし、違うのは、女性は本能的に「守られたい」という気持ちがあり、
触れられるということは、「守られている」という感覚になります。


逆に男性は、本能的にも、女性を守る存在ですし、
意識的にも、その気持ちが強いでしょう。
逆に頭ポンポンなんてされたら、馬鹿にされているように感じるでしょう。
だから、本能部分でも女性より快感度は低いですし、
何より、意識の部分で不快感のほうが強くなるわけです。


ただ、男性だって、女性と抱き合っていると快感です。
これは、やはり、スキンシップによる効果だと思います。

 

カテゴリー:恋愛、結婚Q&A

【30代になっても恋人を作りたい】あなたへ

最近は、晩婚化が進んでいて、30代になっても結婚どころか恋人もいない人が沢山いますね。
これは、社会環境の変化が大きいのではないかと思います。


例えば、大学を出れば、その段階で22歳です。
その後、仕事をがんばろうと思えば、すぐに30歳が近づいてきます。
最近は、女性も仕事に意欲を持つ方も多くなってきていますし、
将来、男性に頼らなくても生きていける自立した女性になるために
仕事をがんばることも大切なんです。


昔の女性は専業主婦を夢見ていた人も多いし、
大学卒業後から、婚活が出来ましたが、
今は、30歳を超えてから婚活を始める方も多くなっているでしょう。


しかし、実際に婚活をする時に、「もう30代だから」という気持ちになる方も多いようです。
実際には、同じような方は男女ともに多いのです。


ただ、30代になった男性が恋人にしたい女性として、
年下の女性を考える人も多いと思います。


何故かというと、同い年や年上となると、既に30代以上ですから、
今度は、付き合う=結婚というものが絶対条件になってきます。
また、子供が欲しい場合、高齢出産の問題もあり速めの決断が必要になります。


しかし、年下であれば、まだまだ余裕をもって付き合えるというメリットがあるでしょう。


ただ、女性の立場で見ればどうでしょうか?
最近は草食男子が多く、貫禄のない男性が多くなっています。
これは、既に30代の男性も、そういう男性が多くなっているのです。
ということは、年上の魅力というものを感じにくくなっているでしょう。


そこが「30代だと恋人ができない」と思っている人の原因だと思います。
本当は年齢ではなく、年相応に自分磨きができていないのが原因なのです。


自分が甘えたいのなら、自分の年齢は関係なく、年上とお付き合いをすることを望むことが理想です。
また、年下が良いのなら、自分がリードしてあげる必要があります。


しかし、リードと言っても押しつけばかりでは相手が離れてしまいます。
基本は男性がリードしつつ、彼女が意思表示を見せた場合(言葉とは限りません)
彼女の意思を尊重するのがモテるコツではないでしょうか?


諦めずに頑張ってください。

彼女が欲しければ女を探すな

当サイトでも「女を探す」のキーワードで検索される方が多いのですが、彼女が欲しいなら、あまりこういう言葉を使わないほうが良いと思います。

使うなら、「彼女を探す」ですね。

 

「女」という言い方は、要するに「俺の女」つまり、「俺の所有物」という考え方が心の中にあります。

 

もちろん、女性の中には、「俺の女」と言ってもらえると喜ぶ人もいるでしょう。
でも、これは、彼女になった後の話です。

今は女性も自立している方が多く、自分を所有物とみられることを嫌う人もたくさんいます。
つまり、出会いを多くするためには、少しでも多くの女性の恋愛対象になる必要があり、言葉遣いひとつで恋愛対象から外されてしまうのはもったいないことです。

 

ただ、だからといって、あまりにも優しすぎる必要はありません。
最近は「草食系男子」が増えています。
優しくて、第一印象は良いと思います。

しかし、深い関係を考えたときに、物足りなさを感じるものです。
女性は「男に引っ張って欲しい」という人も多いのです。

 

ですから、女性を一人の人間として尊敬し、認めた上で、
男性がリードする。
これが、一番うまくいく秘訣だと思います。

 

言葉遣いは、「女」ではなく「女性」「彼女」「女の子」などという言葉を使い、
でも、行動では「俺についてこい」という態度で接することだと思います。

逆に一番いけないのは、友達の前で「こいつ、俺の女」などと格好つけながら、
二人の時は頼りないっていう感じですね。

 

うっかり「女」って言ってしまっていないか注意してみてください。

姉妹サイトリンク集

当サイトの姉妹サイトのリンク集です。

短期間でできる花粉症対策
短期間でできる花粉症対策をご紹介します。

カテゴリー:リンク集

ベッド
dego-evision.net
中古本は古本買取で処分するのがお得
siliconpriceindex.net
土地活用のススメ
boutquehotelshawaii.com
電話占いで悩みを解決!
mlfornituremilitarywear.com
美容整形
repairz.net
大人気万能フライパン「レミパン」をご紹介します!
isoft-kenya.com
FXの最新情報
sempraelabs.com
我が家の仏壇
modelcharities.org
冊子印刷特集
free-cocktail-recipes.com
上手に物を処分する
careerzoom-kansas.org

ここをクリック⇒ 愛もキレイも手に入れるパワーストーン略奪愛成功の法則出会いスポット別女性攻略法恋愛モード会話術